フォトウェディングには3種類の依頼先がある

フォトウェディングには3種類の依頼先がある

"

写真撮影のみを行う「フォトウェディング」は、ドレスやスーツなど希望の衣装とシチュエーションで撮影が行えることや、幅広い演出プランが用意されてることが特徴です。実際にフォトウェディングを依頼するとなると、どこにお願いすればいいのか分からないというカップルも少なくありません。 フォトウェディングの依頼先は3種類に分かれ、フォトスタジオ、結婚式などを行う結婚式場やホテル、ゲストハウス、フリーランスのプランナー・フォトグラファーとなります。フォトスタジオに依頼する場合は、スタジオが用意しているプランの中から希望のものを選択し、そのプランをベースにオプションを追加していく流れです。 結婚式場やホテル、ゲストハウスに依頼する場合は、フォトスタジオ同様に用意されているプランにオプションを選んで組み立てていきます。最後のフリーランスのプランナー・フォトグラファーへの依頼は、式場やホテルに属さない個人で活動しているクリエイターなので、既存のプランではなくカップルの希望に沿いオーダーメイドで1からプランを組み立てる特徴を持っています。ただしドレスやアクセサリーなどは自己手配が必要となる場合が多いので、それぞれの依頼先の違いを理解して選びましょう。

"

フォトウェディングの依頼先の選び方とは?

フォトウェディングはどこに依頼するかで、仕上がりと満足度は大きく異なります。多くのフォトスタジオは、新郎新婦の意向に添えるように撮影してくれますが、中にはあまり経験がないアルバイトカメラマンが撮影する場合がありますので、慎重に選ぶ必要があります。フォトウエディングの依頼先の選び方としては、やはりカメラマンとスタッフがフォトウェディングの撮影経験が豊富であることが大切です。経験が豊富ですと、緊張することなくリラックスして撮ってもらえます。また、新郎新婦の希望にしっかりと耳を傾けてくれることも重要ですし、臨機応変に柔軟に対応してくれるかも確認しておきましょう。さらに、料金がリーズナブルであることと撮影プランがいろいろあることも大切です。あまりにも費用が高すぎると負担が大きくなってしまいますが、逆に安すぎると適当な写真になりかねません。費用はインターネットなどで相場を調べると良いかもしれません。